生産品目

いちご

 土耕栽培品種 
  品種「紅ほっぺ」
    「おいCベリー」

 大地に根を張り巡らし、栄養をたっぷり吸って健全に育ったいちごは甘いだけでなく、味わい深さが違います。近年、重労働を伴う土耕栽培農家の数は減少していますが、生まれ育った池多では、あえて土耕栽培にこだわりたい。池多の風土は、リンゴ・ナシ・スイカ・サツマイモなど美味しい農産物を産み育ててきた歴史があります。そんな池多の風土が持つ力を信じ、そこに技術と情熱を詰め込んで育てたいちごをお客様にご提供したいと思っています
 良質な堆肥を畑に混ぜ込み、「太陽熱消毒」という農薬を使用しない自然の力を使った方法で土づくりを行います。
 畑に植えてからは、季節や天候といちごの様子を観て、いちごがどのように生長してほしいかを想像しながら、水の量や肥料の成分と量を調整し、管理していきます。いちごの栽培はとても奥が深く、アグリッチ・農園の技術はまだまだ発展途上です。


 

 

高設栽培
  栽培品種 
「紅ほっぺ」と「かおり野」
 第二拠点として、射水市内(旧新湊)の農場では、いみずいちご工房として高設栽培でいちごを栽培。
 いちごが大好きで仲良しなスタッフが育てたいちごです。
 出荷先は地元の農産物直売所、洋菓子店、スーパー、学校給食など。


2021年12月02日

ふくふく野菜

「ふくふく」野菜

  ふくふくネギ 
 寒くなり鍋が恋しくなる11月からの地元スーパーに出荷。食べるとネギの旨味が口に広がる、そんなネギづくりを目指しています。ネギの旨味を引き出すお魚系の有機肥料、ネギが健全に育つために良質の微生物を付与した鶏ふんなどを使用して栽培しています。

 

 ふくふくカボチャ 
 まるでスイーツと言われるくらいの美味しさをもつカボチャを目指しています。カルシウムと海のミネラルを含んだ牡蠣殻を  たっぷり畑に混ぜ込み、土づくりをします。一本あたりに出来るカボチャの数を制限することで、美味しさを凝縮させます。

ふくふくスイートコーン
 品種は「味来」。いろいろな品種を栽培したい結果、従業員の人気が一番高かった品種です。生で食べても美味しいフルーツコーンです。

 

2021年12月02日

 

2021年12月02日